年1回以上使えば年会費がかからない!ビックカメラSuicaカード

交通系ICカードって便利ですよね。事前にチャージしておけば、券売機で切符を買う必要がありません。今では各鉄道会社やバス会社で相互利用が可能になったため、ますます使い勝手が良くなりました。中でもクレジットカード機能のある交通系ICカードは、クレジットによるオートチャージができるので、事前にチャージする必要さえありません。いくつかあるクレジットカードの中でもおすすめなのは、ビックカメラSuicaカードです。初年度は年会費無料で、次年度からも年に1回以上利用すれば年会費はかかりません。つまりビックカメラSuicaカードは実質年会費無料なんです。オートチャージの度に通常の3倍のポイントが貯まりますし、貯まったポイントはSuicaだけでなくビックカメラのビックポイントにも交換することができます。

様々なクレジットカードの詳細を知っていきたい

去年はクレジットカードを初めて持ち、お買い物をする時に必ずポイントをつけて還元するというお金の使い方をしてきました。私はまだまだクレジットカード業界を知らないので、今持っているクレジットカードが一番自分に合っていてポイント還元率も高いのかがよくわからないので、調べてみる必要があると思っています。やはり、今の時代は自分から色んな事を勉強したり学ぶことがしやすいと思うので、とことんお得なお金の使い方をするのも自分次第だと思うのです。クレジットカードは色々な会社が発行しているのですが、細かな事についてはそこまで知らず、考えずに作ることも多いと思います。私は出来るだけ情報を調べて、自分のお金の使い方等をよく考えてから自分に合ったクレジットカードだけを持ちたいなと思います。

クレジットカードは旅行先で便利

海外旅行などに行くときには大きな金額は通常持ち歩くことはないでしょう。やっぱり大きな金額を持っていると、どこかに落としたり、置き忘れたりということが心配になる人もいると思いますから。でも、ある程度大きな金額を必要とする買い物を旅行先でするかもしれません。お土産に買おうと思ったものが結構高いということもあると思いますから。でも、大きな金額を持ち歩くのはなかなかできないという人が多いでしょう。そういうときにはクレジットカードが良いわけです。欲しいものが買えないのも辛いですし、大金を持って歩くのも怖いというときには、その2つを解決してくれるクレジットカードの存在は大きいと思います。こういったシーンでこそ便利に感じるものではないでしょうか?

クレジットカードで2重取り

物を買ったりする人はやはり還元されるポイントに興味がある人が多いのではないでしょうか。このような場合はクレジットカードでチャージをしてしかもポイントカードなどで買い物をすることでポイントがまた貯まるのです。うまくすれば2重、3重とポイントが貯まるので随分オトクなものであり賢い使い方だといえるでしょう。このように電子マネーにクレジットカードを使用してポイントを貯めることは助かることですしオトクなことでしょう、さらにキャンペーンなどでクレジットカードをつかうことで多くのポイント還元がされてかなりのポイント数が貯まることでしょう。普段買い物を控えておいてキャンペーンを狙って買い物をすることがとてもオトクなものですね。

使い勝手のよいセゾンカード

エポスカードを5年以上使用していましたが、違うクレジットカードに変えたくなりました。理由は、年を取るに連れてマルイの利用頻度が減ったこと、ポイント還元率の低さがあります。そして、ポイントの有効期限があり貯まりにくいことも大きな理由でした。そこで、新たにセゾンカードを作りました。幾多もあるクレジットカードからこれを選んだ要因は、まず年会費が無料であること、ETCカードが無料ですぐに作成できること、そして、よく行くスーパーである西友で5日と20日は5%オフになることが要因でした。さらに、セゾンカードは永久不滅ポイントが大きな魅力です。交換できる商品も家電、金券、チャリティーと幅広いです。アンケートやゲームでもポイントを貯められます。VISAを選択したのでどこでも使用できます。昨年入院した際に高額な医療費をカード払いをしたところ、ポイントがかなり貯まりました。家電やベビーカーなど高額な買い物では、カード払いでポイントを貯めていっています。このように、セゾンカードは大きな不満がなく、使い勝手が良いのでしばらくはこれをメインカードにしていく予定です。

カーライフの突然の出費にもクレジットカードで対応可能

長い間本格的なカーライフを送っていると、急遽の止むを得ない出費というのはどうしても出てきてしまうものですよね。特に突然トラブルを起こす可能性が高いタイヤ周りやバッテリーは気を付けたいところ。私の愛車もしばらくバッテリーを交換せず無理して引っ張り続けたおかげで大変でした。何気なくタイヤチェックに訪れた行きつけのタイヤショップで突然バッテリー残量が危険な状態である事を伝えられ、急遽のバッテリー交換を迫られてしまったのです。現金の持ち合わせはなかったものの、幸いな事にクレジットカードがあり事無きを得ました。比較的長持ちする中級グレードのバッテリーに交換した為、工賃含め2万円を超える出費となってしまいましたが、2回払いに分割したおかげで月々の負担をかなり軽くする事も出来たのでした。

クレジットカードの作り方の流れを紹介!これを揃えると申し込みがスムーズになる!

クレジットカードの作り方は、事前に揃える物を準備すれば簡単に進みます。クレジットカードの申し込みが初めての場合は、手続きをどうしたらいいのか悩むことがあります。そんな人は、これだけを揃えると申し込みがスムーズになります。それは、身分証明書と引き落とし口座と印鑑です。口座は、クレジットカードの料金を引き落とす目的に使います。印鑑は、クレジットカードの引き落としのために用意した口座の銀行印を用意します。これだけあれば、街中で見かける申し込み用紙に記載して、すぐに提出ができます。申し込み書類の提出方法には、店頭のカウンターで提出することもできます。また、書類を封筒に入れて郵送して受付してくれることもあります。ただし、学生の方や20歳未満の場合は、親の同意がないとクレジットカードは作れないので注意します。また、主婦の場合や派遣の場合には、収入の調査があることもあります。しかし、主婦でもパートで安定した収入があれば、申し込んでも却下になりません。また、派遣でも正社員のように社会保険完備で働いているのなら、ほとんど問題なく申し込みからクレジットカード発行まで進めることができます。このように、事前準備と安定した収入があるのなら、審査は完了します。調査で仕事先に電話が入ることがありますが、これで安定した収入があるのか調査をされます。そして、それが完了すると、クレジットカード会社からカードが送付されてきます。クレジットカード作り方に必要な書類を準備することがとても大切です。

クレジットカードのポイントの使い道

クレジットカードは現金を持たなくても買い物ができる利便性で使われることが多いのですが、それだけではなく、ポイントサービスで得するということも理由に挙げられると思います。ですから、購買金額に応じていくらのポイントが獲得できるかというポイント還元率がカード選択の重要なポイントになります。しかし、還元率のチェックだけでいいのでしょうか。いいえ、もうひとつ重要なチェックポイントがあります。それは貯めたポイントがいったい何に使えるのかということです。カードによって景品交換が主で商品券にすると還元率が低くなるものや特定のショッピングサイトでのみ買い物の代金として使えるものなどがありますが、一番のおすすめは請求書段階で還元率はそのままでキャッシュバックできるカードです。何にでも使えるということと同じですからね。

乗り換えようか?楽天カード

CMでもよくやっている楽天カードはポイント還元が良いと思います。アウトドア雑貨が欲しくて、ああいうのって高いじゃないですか。なので色々なショッピングサイトを見て回っていたんですが、ポップアップの「入会の方には7000ポイント!」にまんまとやられちゃったんです。それによく読み進めていくとアプリ経由で購入してポイント+とか、何かとポイントを付与してくれます。キャンペーンでついたポイントは有効期限があったり、付与まで時間がかかったりしますがそうじゃないポイントはそのままEdyに移行できたり、公共料金とか携帯の料金もこれで払うようにしようかなと目論んでいるところです。因みに、最初にもらえたポイントは、6万円分くらい購入してトータル2万ポイント以上付与されたので大体30%OFFで買えた計算です。

目的に合わせたクレジットカード選び

クレジットカードは、年会費が無料で還元率が高いものが理想ですが、還元率が高いクレジットカードは大抵年会費がかかります。年会費は年間のカード利用額に応じて支払うタイプのカードもありますので、自分が年間にいくらくらいクレジットカードを利用しているかを把握してからクレジットカードを作るのが良いと思います。私はあまり把握せずに年会費が有料のクレジットカードを作りましたが、初年度はあまり使わなかったため、年会費分のもとがとれなかったかもしれません。次の年からは色々な支払いをカード払いに切り替えたため、年会費を払っても十分得だと思える金額が還元されました。やはり目的に応じたカードを選ぶのが大事だと思います。